新着情報

新着情報

トランペットの買取について | かんてい局つくば店

2020年12月 1日 [スタッフブログ]

トランペットの買取について | かんてい局つくば店

今回はトランペットのお買取についてご紹介します。

かんてい局つくば店では楽器のお買取もおこなっております。

趣味や習い事でも人気の高いトランペット。

ご自宅ではなかなか演奏することは難しく、練習場所も限られるのが難点ですが、

吹奏楽やオーケストラでも存在感を大きく放つ華やかな音色で、憧れの楽器でもあります。

最後までお付き合いいただけたら幸いです( ´ ▽ ` )

お店の場所はココ!↓

 
茨城県最大の質屋かんてい局つくば店
 
※つくば市松代の交差点からすぐ!ステーキのあさくまさんのすぐ近くに御座います☆
 

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

<目次>

1.トランペットの種類

 定番B♭トランペット

 コルネット

 ピッコロトランペット

 フリューゲルホルン

2.トランペットの定番楽器ブランド

 V.Bach(ヴィンセント・バック)

 B&S

3.かんてい局つくば店でのお買取

 Buffeet Crampon B♭クラリネット

 ヤマハ バスクラリネット

4.トランペットの買取査定時のポイント

 状態

 年式

5.最後に

 

 

1.トランペットの種類

トランペットは金管楽器の中で一番高い音域を持ち、華やかな音色が特徴です。オーケストラや吹奏楽では、花形パートになります。ソロパートも多く、ベルが客席へまっすぐ向いているので、音もまっすぐ飛び、耳に残りやすいです。

まずはトランペットの種類から見ていきましょう。ここでご紹介するものは吹奏楽や、オーケストラでも多く見かける種類のものです。

 

B♭トランペット

吹奏楽やオーケストラはもちろん、趣味でされる方や音楽教室で使用される最もオーソドックスなトランペットがこの「B♭トランペット」です。いわゆるトランペットといえばこちらのモデルでしょう。

オーケストラではB♭トランペットの代わりにCトランペットを使用することもあります。Cトランペットはさらに華やかで明るい音色で、オーケストラでは見かける種類のトランペットになります。

 

コルネット

トランペットの仲間のコルネットは、トランペットに比べてまろやかで柔らかい音色です。トランペットと同じ音域を持ちます。機動力が高く、クラリネットやフルートと同じような速いパートを演奏することもできます。トランペットの管はぐるっと一周巻きなのに対して、コルネットは二周巻きなのも特徴です。小型サイズなので、体の小さな子供でも扱いやすく、演奏しやすいので、コルネットから始められる方も多いそう。吹奏楽などでは、トランペットと掛け持ちで演奏することが多いです。

 

ピッコロトランペット

B♭トランペットよりもさらに高音域を担当するのがピッコロトランペットです。B♭トランペットの2/3の大きさで、管の長さは1/2ほどしかなく、音も1オクターブ高いトランペットです。軽やかで可愛らしい音が特徴です。こちらも、通常のトランペットと掛け持ちで演奏することが多いです。

 

フリューゲルホルン

ホルンという名前がついていますが、トランペットの仲間です。菅の長さはトランペットやコルネットと同じですが、円錐部分が多く、またその口径も大きいので深みのある甘い音色が特徴です。バラードなどのジャンルでは多く活躍します。

 

2.トランペットの定番ブランド

トランペットの定番ブランドをご紹介します。ここでご紹介したブランド以外にも多くのブランドがありますので、是非調べてみてください。

 

V.BACH(ヴィンセント・バック)

アメリカの金管楽器メーカーです。創設者のトランペット奏者ヴィンセント・バック氏が1924円に最初のトランペットを製造し始めました。楽器デザインと製造に密接に関わり、多くの設計図とマニュアルを遺しました。華やかで力強い音色が特徴です。

 

B&S

ドイツの楽器製造の街に拠点を置く金管楽器専門メーカーです。最先端の製造手法と熟練の職人が造る楽器は世界中で評価されています。響きもよく吹奏感のいい楽器を製造しています。

 

3.かんてい局つくば店でのお買取

 

ヤマハ トランペット

ヤマハ トランペット.png

かんてい局つくば店 買取金額 ¥10,000-

※2020年12月2日現在の買取金額になります。市場の動向等で金額が上下する場合がございます。

 

ヤマハ コルネット

ヤマハ コルネット.png

かんてい局つくば店 買取金額 ¥13,000-

※2020年12月2日現在の買取金額になります。市場の動向等で金額が上下する場合がございます。

 

4.トランペットの買取査定時のポイント

 

状態

汚れはないかどうかといった使用感や、ケースやパーツが揃っているかなどの欠品がないかどうかといった保存状態が査定時にみられます。

古い楽器、外装のサビ、キズなどは減額の対象になります。使用している間はきれいにお使いいただき、こまめなお手入れを欠かさないことが大切です。

他にも、各部位がスムーズに動くかどうかも確認します。

 

年式

いつ製造されたものなのかも査定の対象です。あまり古い楽器だとお買取できない可能性もございます。証明書や鑑定書があれば是非ご一緒にお持ちください。

 

5.最後に

今回はトランペットのお買取についてご紹介しました。

売りたくないけどお金が必要...という方は質預かりがお勧めです。

お品物をお預かりしてお品物に応じた金額をご融資することが出来ます。

必要な持ち物は免許証や保険証などのご本人様確認証だけ。

最短5分でご融資できます。詳しくはスタッフにお尋ねください。

 

ジュエリーやバッグ、財布、骨董品や日用品などの店頭販売もおこなっておりますので、是非お越しください。

お店にどういったものが売っているのか気になる方は、お気軽にお電話ください。

遠くて足を運べない...という方はネット販売のかんてい局つくば店の楽天ショップをご利用ください。

 

その他にも、電池交換などの時計修理やジュエリー修理、靴磨きといったサービスも行っております。

各種修理・サービス

●時計修理はこちら

●アクセサリー修理はこちら
 
●革製品修理はこちら
 
●宝石鑑定はこちら
 
●販売情報はこちら
 
●融資情報はこちら
 
●買取情報はこちら

かんてい局つくば店スタッフ一同、お客様のご来店心よりお待ちしております(*´▽`*)

Nゲージの買取について | かんてい局つくば店

2020年12月 1日 [スタッフブログ]

Nゲージの買取について | かんてい局つくば店

みなさんこんにちは、かんてい局つくば店です。

本日はNゲージについてご紹介させていただきます。1/148~1-160へ縮小された鉄道模型Nゲージ、繊細な作り込みは鉄道好き・模型好きなどファンが多いです。

かんてい局つくば店ではNゲージのような玩具品の買取も強化しています。

お売りになりたい方はぜひ当店に一度足をお運びください。

お店の場所はココ!↓

 
茨城県最大の質屋かんてい局つくば店
 
※つくば市松代の交差点からすぐ!ステーキのあさくまさんのすぐ近くに御座います☆
 

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

<目次>

1.【Nゲージの人気ラインナップ】

 【グリーンマックス(GM)】

 【関水金属(KATO)】

 【トミーテック(TOMIX、ジオラマコレクション)】

2.【Nゲージのかんてい局つくば店でのお買取】

 【Nゲージ GM 4140 京浜新1000系 K527268】

 【Nゲージ KATO JR四国 N2000系 「うずしお4号」10-1628】

 【Nゲージ TOMIX EF-62形 電気機関車 2182】

 【Nゲージ KATO 国鉄EF70形電気機関車】

3.【Nゲージの買取査定時のポイント】

 【お品物の状態が第一!!】

 【プレミアがつく可能性もある!】

 【周辺のアイテムもセットで買取出来ます】

4.【Nゲージの歴史や豆知識、その他の情報etc...】

 【Nゲージ誕生】

 【日本でのNゲージの始まり】

 【2000年以降のNゲージ】

5.最後に

 

 

1.Nゲージの人気ラインナップ

それではNゲージの人気なラインナップをご紹介します。

 

グリーンマックス(GM)

1970年代より鉄道模型を製作しているメーカーになります。

創立当時は「作る楽しみいっぱい!」のキャッチフレーズでプラモデルの様なものを主体に展開していましたが、現在では「つくる、うごかす、あつめる」をコンセプトに完成された鉄道模型の製造に力を入れています。

他者と比べ比較的高価ですが、Nゲージに新型動力が導入されたことでとても注目されています。

またTNカプラー対応やストラクチャーのTOMIX規格対応など、ブランドのTOMIXと非常に友好的な関係を持っています。

 

関水金属(KATO)

こちらも大人気Nゲージメーカーになります。

関水金属の特徴と言えば、鉄道車両の製造に大きなこだわりを持っていることです。設計、製造、塗装、組み立ての全てを自社で一貫しています。精密な金属加工技術が用いられている為、高品質な模型の製造が可能になります。

日本にNゲージのブームをもたらした第一人者として多くのファンが存在します。

特徴的なのはKATOにしかできない多くの特殊な車両を製造していることです。昭和の鉄道を模した「レジェンドコレクション」、鉄道模型に興味を持ち始めた人に向けた初心者用の「ベストセレクション」などは鉄道好きの全員への心使いが表れています。

その中でも「特別企画品」は通常販売品との共通部品を除いて、パーツの販売を行っていないため希少価値がつきやすくなっています。再生産するとプレミアがつかなくなってしまう為、もし特別企画品の売却を考えていましたら早めの決断をオススメします。

 

トミーテック(TOMIX、ジオラマコレクション)

Nゲージのブランドとして有名ですが、タカラトミーの完全子会社ということもあり玩具、フィギュア、天文望遠鏡など幅広く事業を展開しています。

TOMIXはプラレールや高級玩具スリーオーゲージなどを販売、アメリカから鉄道模型を輸入などにより、日本にNゲージブームを引きよせた先駆者の役割を担いました。

昔は1970年代以降の車両や塗装変更車によるバリエーション豊富な車両を中心に製造していたが、現在は1970年以前の車種、首都圏以外の車両の人気に伴い製造の幅を増やして展開しています。

ジオコレクションシリーズは鉄道模型のレイアウトとして活用できるディスプレイモデルです。鉄道コレクションの他にもバスコレクション、街並みコレクション、建物コレクションなど多くのコレクションを展開しています。

 

 

2.Nゲージのかんてい局つくば店でのお買取

それではNゲージのかんてい局つくば店での買取価格を少しだけご紹介させていただきます。

 

Nゲージ グリーンマックス 4140 京急新1000形 K527268

グリーンマックス.png

かんてい局つくば店 買取金額 ¥4,800

※2020年12月1日現在の買取金額になります。市場の動向等で金額が上下する場合がございます。

 

Nゲージ KATO JR四国 N2000形 「うずしお4号」 10-1628

Nゲージ KATO.png

かんてい局つくば店 買取金額 ¥2,800

※2020年12月1日現在の買取金額になります。市場の動向等で金額が上下する場合がございます。

 

Nゲージ TOMIX EF-62形 電気機関車 2182

Nゲージ TOMIX.png

かんてい局つくば店 買取金額 ¥1,540

※2020年12月1日現在の買取金額になります。市場の動向等で金額が上下する場合がございます。

 

Nゲージ KATO 国鉄EF70形電気機関車

NゲージEF70.png

かんてい局つくば店 買取金額 ¥31,000

※2020年12月1日現在の買取金額になります。市場の動向等で金額が上下する場合がございます。

 

3.Nゲージの買取査定時のポイント

査定のポイントをご紹介させていただきます。お品物をお持ちの際、少し参考にしていただければ幸いです。

 

お品物の状態が第一!!

模型に限った話ではありませんが、まず第一に見させていただくのは

Nゲージの様なコレクション性の高いお品物は未使用品、未開封品、使用品、キズあり、欠損ありなどにより中古品の相場が大きく変動します。

同じ商品でも未開封と開封済みではお値段が大きく変わります。カスタムペンなどで塗装してしまうと、純正なモノより価値が下がってしまいますのでご注意ください。

出来るだけ良い状態でお持ちしていただければ高価買取に繋がりますので、オススメです。

 

プレミアがつく可能性もある!

なかには希少性の付くお品物もございます。そのため未開封のプレミアつきとなりますと、とてつもないほどに高額になります。特に廃盤になったお品物は中古品にプレミアがつく可能性がありますので、チェックする事をオススメします!!

 

周辺のアイテムもセットで買取出来ます

当店では車両のみでなく、他のセットの商品もまとめてお買取出来ます。

セット商品は完封である事が高価買取に繋がりやすいので、コレクションの際やご売却の際は付属品や車両セットをすべて揃えた後に、お持ちしていただく事をオススメします。

 

4.Nゲージの歴史や豆知識、その他の情報etc...

 

Nゲージ誕生

Nゲージの始まりは1912年のドイツの非動力模型とされています。

そして1927年、縮小した鉄道模型に動力をつけ電動模型の生産が始まりました。

しかし当時のNゲージは動力も線路もほぼ存在しなく、動かない模型やミニカーなどに近いもので、現在とは少し異なっていました。

 

日本でのNゲージの始まり

Nゲージが誕生した当時、日本でも工作派の愛好家が自作でNゲージを作ることはありました。

日本でNゲージが流行り出したのは1960年代になります。1965年、有名メーカーの関水金属(KATO)によってプラスチック製の車両や線路の生産・販売が始まりました。それ以前に本格的な9mmゲージ製品は流通していなかったため、日本でのNゲージの始まりは関水金属がもたらしたことになっています。

採用された1/150は機芸出版社の山崎喜陽によって提案され、関水金属によって製造されました。

これが日本のNゲージの基準となり、現在も流通している9mmゲージは関水金属をもとに作られているのです。そしてこれをもとに日本でのNゲージ文化が徐々に流行していったのでした。

 

2000年以降のNゲージ

2000年に近付くにつれNゲージの文化は次第に衰退していってしまいます。百貨店や玩具店での販売も減少していきます。

そのためNゲージは玩具系量販店での取り扱いが増えていきます。コレクションモデルの製造、バリエーションの拡大によって2000年以前とは全く異なる展開を行いました。

これは百貨店などに来店しない人でもNゲージを知る良い機会となり、消滅する事無く現在でも続いている役割を果たしたと言っても過言ではありません。

 

 

5.最後に

Nゲージについて簡単に紹介させていただきました。

Nゲージの買取は可能ですが、当店では質預りも行っています。お金のご融資が可能なうえ、最適かつ安全性の高い質庫にて管理しています。元金とご利用分の利息を払っていただければ、いつでもお品物をお返しできますのでとてもオススメです。

急にお金が必要になったお客様、もしかしたらお手元のNゲージが高価買取可能かもしれませんよ!!

ぜひかんてい局つくば店をご利用下さい。

玩具品以外にもブランド商品、ジュエリー、お酒など幅広く買取を行っています。

その他にも様々な修理やサービスをご利用できます。ぜひチェックしてみて下さい!

かんてい局つくば店スタッフ一同、心よりお待ちしています。

各種修理・サービス

●時計修理はこちら

●アクセサリー修理はこちら
 
●革製品修理はこちら
 
●宝石鑑定はこちら
 
●販売情報はこちら
 
●融資情報はこちら
 
●買取情報はこちら

 

サックスの買取について | かんてい局つくば店

2020年11月30日 [スタッフブログ]

サックスの買取について | かんてい局つくば店

今回はサックスのお買取についてご紹介します。

かんてい局つくば店では楽器のお買取もおこなっております。

もう演奏しなくなった楽器は譲るか処分してしまうのではないでしょうか?

譲る方がいなかったり、処分するにもどうしようかお困りの方も多いことでしょう。

そうしたときは、お買取に出すことですっきりお片付けもでき、お小遣いにもなるんです♪

楽器の中でも人気の高いサックスとはどんな楽器なのでしょうか?

最後までお付き合いいただけたら幸いです( ´ ▽ ` )

 

お店の場所はココ!↓

 
茨城県最大の質屋かんてい局つくば店
 
※つくば市松代の交差点からすぐ!ステーキのあさくまさんのすぐ近くに御座います☆
 

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

<目次>

1.メジャーなサックスの種類

 ソプラノサックス

 アルトサックス

 テナーサックス

 バリトンサックス

2.サックスの定番メーカー

 YAMAHA

 ヤナギサワ

3.かんてい局つくば店でのお買取

 ヤマハ アルトサックス

 ジュピター テナーサックス

4.フルートの買取査定時のポイント

 保存状態

 年式

5.最後に

 

 

1.サックスの種類

サックスは誕生してから比較的歴史の浅い木管楽器です。しかし、今や幅広いジャンルの音楽に使われています。サックスは木管楽器の中でも大きな音量が出ます。演奏も比較的簡単なので、初めて楽器を扱う方にもオススメの楽器です。

まずはサックスの種類から見ていきましょう。実は、サックスは9種類あるのですが、ここでは吹奏楽やジャズで一般的に使用される代表的なものをご紹介します。

 

ソプラノサックス

ご紹介する4種類のものの中で一番高音が出るソプラノサックス。甘く柔らかい音色が特徴です。吹奏楽では見かけることが少ないのですが、サックス編成のバンド、アンサンブルでは主軸となる重要な楽器です。

 

アルトサックス

一般的にイメージされるサックスといえばこのアルトサックスです。吹奏楽でも人気が高く、競争率の高い人気楽器です。汎用性も高く、多くのジャンルの音楽に適応することができます。金管楽器のような力強い音から、木管楽器ならではの柔らかい音まで出すことができます。生産台数やモデルも多く、サックスを始めるならアルトサックスから入る方も多いでしょう。

 

テナーサックス

アルトサックスに次いで多く使用されているテナーサックスはアルトサックスより低い音域を持ち、渋い色気のある音色をしています。ジャズにおいてはアルトサックスよりも存在感の強い楽器です。声楽的にはアルトサックスは女性の低めの声、テナーサックスは男性の高めの高めの声とも言われています。

 

バリトンサックス

4種類の中で一番大きく、低音パートを担当する楽器です。アルトサックスより1オクターブ音域が低いです。吹奏楽、アンサンブルでも多く使用され、豊かな低音で演奏全体を支えます。伴奏としての役割が多いのですが、ソロ曲も多く存在します。

 

2.サックスの定番メーカー

サックスの定番メーカーをご紹介します。ここでご紹介したメーカー以外にも多くのメーカーがありますので、是非調べてみてください。

 

YAMAHA

1960年、トランペット製造を開始し、その後他の管楽器も次々と発売していきます。プロ演奏かとの共同開発で国内、国外問わず安定の人気があります。

 

ヤナギサワ

明治29年に国内唯一のサックス専門メーカーとして創立されました。1954年に初のテナーサックスを製造し、その後、様々な種類のサックスを次々と発売していきます。

「手に始まり、機械を経て手に終わる」という信念の下、祝人がこだわって作り上げられた楽器は高い評価を得ています。

 

3.かんてい局つくば店でのお買取

 

ヤマハ アルトサックス

ヤマハ アルトサックス.png

かんてい局つくば店 買取金額 ¥25,000-

※2020年11月30日現在の買取金額になります。市場の動向等で金額が上下する場合がございます。

 

ジュピター テナーサックス

ジュピター テナーサックス.png

かんてい局つくば店 買取金額 ¥14,000-

※2020年11月30日現在の買取金額になります。市場の動向等で金額が上下する場合がございます。

 

4.サックスの買取査定時のポイント

 

保存状態

他の楽器同様、汚れはないかどうかといった使用感や、ケースやパーツが揃っているかなどの欠品がないかどうかといった保存状態が査定時にみられます。

古い楽器、外装のサビ、キズなどは減額の対象になります。使用している間はきれいにお使いいただき、こまめなお手入れを欠かさないことが大切です。

 

年式

いつ製造されたものなのかも査定の対象です。あまり古い楽器だとお買取できない可能性もございます。証明書や鑑定書があれば是非ご一緒にお持ちください。

 

5.最後に

今回はサックスのお買取についてご紹介しました。

売りたくないけどお金が必要...という方は質預かりがお勧めです。

お品物をお預かりしてお品物に応じた金額をご融資することが出来ます。

必要な持ち物は免許証や保険証などのご本人様確認証だけ。

最短5分でご融資できます。詳しくはスタッフにお尋ねください。

 

ジュエリーやバッグ、財布、骨董品や日用品などの店頭販売もおこなっておりますので、是非お越しください。

お店にどういったものが売っているのか気になる方は、お気軽にお電話ください。

遠くて足を運べない...という方はネット販売のかんてい局つくば店の楽天ショップをご利用ください。

 

その他にも、電池交換などの時計修理やジュエリー修理、靴磨きといったサービスも行っております。

 

各種修理・サービス

●時計修理はこちら

●アクセサリー修理はこちら
 
●革製品修理はこちら
 
●宝石鑑定はこちら
 
●販売情報はこちら
 
●融資情報はこちら
 
●買取情報はこちら

かんてい局つくば店スタッフ一同、お客様のご来店心よりお待ちしております(*´▽`*)

MEGABASS(メガバス)の買取について | かんてい局つくば店

2020年11月29日 [スタッフブログ]

こんにちは!!かんてい局つくば店です!

今回はMEGABASS(メガバス)の竿や釣り具について紹介したいと思います。

MEGABASS(メガバス)と言えば、ルアーのイメージが強いと思いますが、実は日本で最も人気を得ているメーカーの1つであり、ルアーに限らず、ロッド(竿)・リール・ライン・ボート・アパレル・アイウェア・時計・アウトドア用品製作も手掛けており、さまざまな事業を行っている総合ルアーメーカーです。

MEGABASS(メガバス)のロッド(竿)やルアーなどの買取や歴史についても合わせて書いています。よかったらご覧ください。

 

お店の場所はココ!↓

 
茨城県最大の質屋かんてい局つくば店
 
※つくば市松代の交差点からすぐ!ステーキのあさくまさんのすぐ近くに御座います☆
 

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

<目次>

1.MEGABASS(メガバス)の歴史について

 メガバスの始まり

 ハMEGABASS(メガバス)のロッド・ルアー

2.MEGABASS【メガバス】のかんてい局つくば店でのお買取

 バスロッド

 バスリール

 バスルアー

3.MEGABASS(メガバス)の買取査定時のポイント

 状態

 付属品

4. 最後に

 

 

1.MEGABASS(メガバス)の歴史について 

メガバスは1986年8月15日に静岡県浜松市にて会社が設立されました。

バス釣りは歴史が深く1985年頃に第1次バスブームがありました。

第2次ブームが来たのが1990年代になります。

その時にメガバスのロッド(竿)が発表されました。

当時バス釣りがかなり盛んになりブームとなった時期がありました。

釣具メーカーとしての歴史は浅いですが、メガバスは最初ルアーで世界的人気が出ました!!

現在では簡単にルアーなどが手に入りますが、当時はこのメガバスルアーを手に入れることは難しかったみたいです。

 

 

先程説明したように、メガバスはルアーが最初爆発的な人気が出て、有名にメーカーなので、ほかのどの釣り具のメーカーよりもルアーに力を入れています!!!

メガバスのルアーが支持を集める特徴は、その高いデザイン性に言えるでしょう!!

放っておいても魚が食らいつきそうなリアルな造形と美しいカラーリングは魚だけでなく人間も心を奪われてしまいます。また見た目だけではなく実釣性能に関しての信頼度も高く、日米伸ばすトーナメントやソルトのトーナメントでその実力が証明されています。

ロッドに関してはメガバスのルアー同様、ロッドもその高いデザイン性と機能で熱烈なファンの多い品になっています。

時には海外のスポーツカーのようでもあり、時には日本の伝統工芸品のようでもあり長さを活かしたロングディスタンスゲームまでをこなします!!

近年ではアメリカ・ロシア・イギリス・フランス・アジアなどの様々なメディアで取り上げられ、高い評価を得ています!!

 
アメリカでプロの釣り競技者達の間で高い釣果と勝率を誇って話題となり、米国の各メディアで多数紹介されています。
 

2.メガバスのかんてい局つくば店でのお買取

 

バスロッド

かんてい局つくば店 買取金額 ¥5,000

※2020年11月29日現在の買取金額になります。市場の動向等で金額が上下する場合がございます。

 

バスリール FX68L

 

かんてい局つくば店 買取金額 ¥10,000

※2020年11月29日現在の買取金額になります。市場の動向等で金額が上下する場合がございます。

 

バスルアー GARUDA アユ 

 

かんてい局つくば店 買取金額 ¥2,000

※2020年11月29日現在の買取金額になります。市場の動向等で金額が上下する場合がございます。

 

3.メガバスの釣り具の買取査定時のポイント

ここでは、実際に買取りの際のポイントをご紹介します。高価買取をご希望のお客様は参考にしてみてください!

 

状態

メガバスに限らず釣り具全般そうなのですが、釣り具は水に濡れるのが当たり前なのでメンテナンスが必要になります。

メンテナンスを怠るとリールから変な音が鳴ったりロッドの持ち手が汚くなったりしますので高く買い取れるお品物でも安くなってしまいます。

他にスプールに負担がかかり変形したりするとジャンク品扱いになってしまいます。

しっかりメンテナンスをすればいい値がつきます。

 

機能性

機能性ではリールがしっかり動くか、ロッドが曲がっていないかガイドが取れていないかを見ます。

釣り具以外の品物でしたらルアーの針が錆びていないか、針が曲がっていないかなどを見ます。

ルアーは高いものですと10000円を越える品物もございます。

 

 

4.最後に

今回はMEGABASS【メガバス】についての記事を書いてみました。世界的に見てもメガバスは人気なメーカーです。

メガバスの釣り具やルアーなどをお持ちの方はかんてい局つくば店へお越しください。皆様のご来店をお待ちしております。

もちろんかんてい局つくば店では釣り具でお金を借りることも可能です!

急にお金が必要になってしまった...今月買い物をしすぎてちょっとピンチ...などかんてい局つくば店では最短5分でご融資が可能です!

お品物を担保にご融資いたしますので、煩わしい審査や記入などもなくスピーディー♪

借りすぎることや返済について取り立てやご連絡することもありませんので安心です。もちろん信用情報に傷が付くこともございません!!

また茨城県最大級の質屋である当店では質流れ品やブランド品・貴金属アクセサリーなどの店頭販売も行っております。

欲しかったあのブランド品がお得にアウトレットよりも安く手に入れることも出来ますよ♬

売るのも買うのも借りるのもかんてい局つくば店にお任せください

お客様のご来店スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!

 

各種修理・サービス

●時計修理はこちら

●アクセサリー修理はこちら
 
●革製品修理はこちら
 
●宝石鑑定はこちら
 
●販売情報はこちら
 
●融資情報はこちら
 
●買取情報はこちら

かんてい局つくば店スタッフ一同、お客様のご来店心よりお待ちしております(*´▽`*)

ヤマハ(YAMAHA)の買取について | かんてい局つくば店

2020年11月28日 [スタッフブログ]

ヤマハ(YAMAHA)の買取について | かんてい局つくば店

こんにちは(*´▽`*)♪かんてい局つくば店です!

今回はヤマハ(YAMAHA)の楽器やオーディオ機器について紹介したいと思います。ヤマハ(YAMAHA)と言えば、やはり楽器のイメージが強いと思いますが、実は半導体や自動車部品の製作も手掛けており、さまざまな事業を行っています。ヤマハ(YAMAHA)の楽器やオーディオ機器などの買取や歴史についても合わせて書いています。よかったらご覧ください。

 

お店の場所はココ!↓

 
茨城県最大の質屋かんてい局つくば店
 
※つくば市松代の交差点からすぐ!ステーキのあさくまさんのすぐ近くに御座います☆
 

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

<目次>

1.ヤマハ(YAMAHA)の歴史について

 ヤマハ(YAMAHA)の始まり

 戦後のヤマハ(YAMAHA)と多角化

 バブル崩壊と再構築

2.ヤマハ(YAMAHA)のかんてい局つくば店でのお買取

 LD-10T アコースティックギター

 MG10 ミキシングコンソール

 ヤマハ 楽器用ヘッドフォン ホワイト HPH-50WH

3.ヤマハ(YAMAHA)の買取査定時のポイント

 状態

 付属品

4. 最後に

 

 

1.ヤマハ(YAMAHA)の歴史について 

ヤマハ(YAMAHA)の始まり

ヤマハ(YAMAHA)の歴史は非常に古く明治時代にまでさかのぼります。当時、オルガンの製造と調律並びに修理を行っていた山葉寅楠氏(やまはとらくす)が源流になっています。彼は1888年(明治21年)に浜松で日本最初の本格的オルガンの製造に成功しました。その技術が認められ、共益商社書店と大阪開成館との契約を結びました。翌年には寅楠氏は2社の支援のもと合資会社山葉風琴製造所を設立しました。(略して風琴)1891年には出資が一部引き上げとなり、会社は解散しましたが、新たに山葉楽器製造所を設立しました。(1897年には日本楽器製造会社に改名します。)このころは、山葉楽器ではオルガンの製造のみを行いそれらの販売や運搬などは共益商社書店と大阪開成館に任せていました。そこで寅楠は、合併をして1つの会社で全ての工程を行えるようにしようと考えます。1903年に共益商社の代表であった白井銈造がなくなったのをきっかけに、直売権を取得するために合併を試みますが、共益商社側に拒否されました。最終的に山葉楽器が共益商社楽器を買収しました。

1916年に寅楠が死去してから天野千代丸が新たに社長に就任しました。すでにオルガンの製造に加えてピアノの製造も手掛けていた山葉ですが、このころから全く違う事業が進み始めます。1921年に帝国陸軍の要請により、軍用航空機の木製プロペラの製造を、1931年に金属製プロペラの製造を始めました。ちょうど、戦時中であったこともありプロペラの製造はとても需要が高かったです。この鋳造技術を使って家具の製作も開始しました。

共益商社を買収して東日本の直売権を得た山葉でしたが、西日本では大阪開成館が直売権を有していました。そこで1922年には西日本での販売権を得るために大阪支店を開設して大阪開成館に対抗して営業の展開をしました。ちなみに、大阪開成館は現在三木楽器という名前になっています。大阪を中心に音楽スタジオの運営や修理等を行っている企業です。実は、山葉より歴史が古い楽器店です。

1935年になると、いよいよ電子楽器が登場します。最初の電子オルガン「マグナオルガン」が発表されました。しかしながら、時代背景は戦時の雰囲気を強めていたため、金属プロペラと木製プロペラの製造を中心になり、楽器の製造は下火になっていました。1944年には楽器の製造は完全休止し、プロペラ製造に専念しますが、1945年にイギリスの戦艦キング・ジョージ5世の砲撃によっては浜松の工場が全壊。そのまま終戦を迎えました。

 

 

戦後のヤマハ(YAMAHA)と多角化

戦後すぐに、小規模でも製造可能なハーモニカならびにシロフォン製造を再開、1947年にはピアノの製造を再開しました。日本の狭い住宅環境を鑑みると、ピアノやオルガンはおくスペースがなくあまり需要があるとは言えませんでした。そこで1954年にヤマハが所有しているヤマハ銀座ビルで音楽教室を開始しました。1959年には正式にヤマハ音楽教室に名称を変更しました。

1959年には初めてのエレクトーンD-1を発売しました。このころから、ピアノとオルガン以外の楽器の製造を始め多角化をすすめました。1965年には打楽器や管楽器、弦楽器の製造を始めました。楽器の製造だけでなく、今なお続いている、さまざまな音楽コンクールや音楽協会の発足にもヤマハは寄与しています。さらに、1968年にはピアノ・弦楽器製造の天竜楽器を、1970年には日本管楽器を吸収合併しました。幅広い領域でヤマハの楽器を見るようになりました。

さらに事業は拡大して1954年にはヤマハ・YA-1の製造をしました。これは、2輪自動車です。1955年には2輪部門が独立しヤマハ発動機になりました。ここから、アーチェリーの素材で使われる、しなっても丈夫なFRPを開発しました。この発明によってスキー板や浴槽なのへ応用することができた為、一気に領域が広がり、高級家具の製造も手掛けるようになりました。

時代は進み、トランジスタが発明されると、ICの分野でも活躍します。ミクロパーツの開発において精密機械は必要不可欠です。たとえば、音楽ミキサーやエレクトーン、電子ピアノの小型化が進みました。

 

バブル崩壊と再構築

伝統的な楽器事業のピアノやエレクトーンは出荷台数が1980年を境に徐々に生産数が減少していきました。バブル崩壊に伴い、音源チップの価格が急変して、さらに売上が落ちました。半導体工場の売却や、ヤマハのスポーツ事業部を廃止、磁気ヘッドの製造事業も売却して、この不振からの脱出を試みるも1999年に赤字に転落しました。2000年にはヤマハ発動機の株券をトヨタや三井物産などに売却をしました。これによってなんとか事業の再構築がなされました。2004年には携帯電話の着メロ用の半導体の需要が伸び、中国市場でもヤマハ製の音源チップが使われるようになりました。

現在はハーモニカやリコーダーといった学校用の教材から、エレキギターやドラム、ヴァイオリン、チェロ、トランペットなどの100種類以上もの楽器を生産する世界最大の総合楽器メーカーである反面、半導体や情報産業にも強いメーカーになりました。

ちなみに、ヤマハとヤマハ発動機は現在では違う会社になっています。ヤマハ発動機では、2輪車やスポーツ用品の製造を担っています。ヤマハのロゴは紫でヤマハ発動機は赤になっていますが、実はそれ以外にも微妙に違いがあります。2つのロゴはどちらも3本の音叉が描かれています。ヤマハの方は音叉の先端が円に接していませんが、ヤマハ発動機の音叉は円に接しています。また、YAMAHAのMの字の中心がヤマハはベースラインについていませんが、ヤマハ発動機はベースラインについています。よく見ると微妙な違いに気づきます。

 

2.ヤマハ(YAMAHA)のかんてい局つくば店でのお買取

 

LD-10T アコースティックギター

ヤマハのアコースティックギターはヤマハが初期から製造してる楽器の一つです。アンティークで非常に希少価値の高いものから、生産数の多い安価なものまでさまざまの価格帯のアコースティックギターがあります。LD-10シリーズは90年代に発表されたシリーズで現存している数が少ないため、他のギターに比べるとやや高めの買取価格になっています。

かんてい局つくば店 買取金額 ¥20,000

※2020年11月28日現在の買取金額になります。市場の動向等で金額が上下する場合がございます。

 

MG10 ミキシングコンソール

cmz-cpy-348780.jpg

MGシリーズはヤマハの誇る最高のミキシングコンソールです。最大20チャンネルに接続可能で強力なデジタルプロセッシングを装備し、堅牢で信頼性の高いボディに成功しました。このMGシリーズは直感的なデザインになっており使いやすいのが特徴の一つです。他のミキシングコンソールに比べて値段も安価なため、人気も高いです。

かんてい局つくば店 買取金額 ¥15,000

※2020年11月28日現在の買取金額になります。市場の動向等で金額が上下する場合がございます。

 

ヤマハ 楽器用ヘッドフォン ホワイト HPH-50WH

4957812586689_ll.jpg

楽器用のヘッドホンです。通常のヘットホンの場合、電子ピアノやエレキギターなどの周波数を変換することができないため、聞こえなかったり片耳しか聞こえなかったします。そこでこのヘッドホンが必要になります。なかなかこのタイプのヘッドホンがないので重宝しますね。

かんてい局つくば店 買取金額 ¥1,000

※2020年11月28日現在の買取金額になります。市場の動向等で金額が上下する場合がございます。

 

3.ヤマハ(YAMAHA)の電子ピアノの買取査定時のポイント

ここでは、実際に買取りの際のポイントをご紹介します。高価買取をご希望のお客様は参考にしてみてください(^_-)-☆

 

状態

ヤマハに限らず電子ピアノの場合、どんなに状態が良くても通電しなかったり、1つでも音が出ないようなものだとジャンク品扱いになります。それに加えて、古いモデルの場合は買取ができない場合もございます。(処分にお金がかかるため)あらかじめご了承ください。また、非常に大きな電子楽器ですと、販売方法の関係で買取ができない場合があります。不安な場合は一度ご連絡ください。

 

機能性

機能面では、主にオーディオ性能がよいか?録音することができるか?ピアノ以外の音を出せるのか?録音した音を重ねることができるのか?など機能面でおおよその価格が決まってきます。特に録音した音の編集ができるかどうかで値段が大きく変わります。小さめの38鍵シンセサイザーでも数十万になる場合もあります。それぐらい高度な作曲機能があると買取価格も高いです。

 

4.最後に

今回はヤマハ(YAMAHA)についての記事を書いてみました。世界的に見てもヤマハは歴史が長く有名な楽器メーカーです。

ヤマハの楽器や周辺機器などをお持ちの方はかんてい局つくば店へお越しください。皆様のご来店をお待ちしております。

もちろんかんてい局つくば店では楽器でお金を借りることも可能です(^^♪

 

急にお金が必要になってしまった...今月買い物をしすぎてちょっとピンチ...などかんてい局つくば店では最短5分でご融資可能です!

 

お品物を担保にご融資致しますので、煩わしい審査や記入なども少なくスピーディー♪

 

借り過ぎることや返済について取り立てやご連絡することもありませんので安心です。もちろん信用情報に傷がつくこともございません‼

 

また茨城県最大級の質屋である当店では質流れ品やブランド品・貴金属アクセサリーなどの店頭販売も行っております。

 

欲しかったあのブランド品がお得にアウトレットよりも安く手に入れることも出来ますよ♬

 

売るのも買うのも借りるのもかんてい局つくば店にお任せください(^_-)-☆

 

お客様のご来店スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!

 

各種修理・サービス

●時計修理はこちら

●アクセサリー修理はこちら
 
●革製品修理はこちら
 
●宝石鑑定はこちら
 
●販売情報はこちら
 
●融資情報はこちら
 
●買取情報はこちら

かんてい局つくば店スタッフ一同、お客様のご来店心よりお待ちしております(*´▽`*)

月別一覧