買取実績

ドイツの名門 カメラメーカー Rollei ローライ 35 元祖 コンパクトカメラ Tessar (テッサ―) 1:3.5 f=40㎜ フィルムカメラ シンガポール製 買取しました♪ 石川県 白山市 質屋 かんてい局 金沢バイパス店

ドイツの名門 カメラメーカー Rollei ローライ 35 元祖 コンパクトカメラ Tessar (テッサ―) 1:3.5 f=40㎜ フィルムカメラ シンガポール製 買取しました♪ 石川県 白山市 質屋 かんてい局 金沢バイパス店

 

先日降った雪がやっと少しずつ消えてきました~ (^^♪

かんてい局金沢バイパス店は今日も元気に営・業・中です。

本日のお買取りは、石川県 白山市よりお越し頂いた3度目 のご来店のお客様です。

寒い中のご来店、本当にありがとうございます\(^o^)/

 


本日のお買取りのお品物は・・・ 

1.JPG

 

ドイツの名門 カメラメーカー Rollei 『 ローライ 35 』 元祖 コンパクトフィルムカメラです。

写真では伝わりにくいですが、このカメラめちゃくちゃ小さいんです!!!

横幅:約97㎜ 高さ:約60㎜ 奥行:約32㎜ と本当にコンパクトな手のひらサイズのカメラです。

 Rollei 『 ローライ 35 』は、1967年頃から製造・販売されたカメラで、西ドイツ製とシンガポール製の物が存在します。

今回査定させて頂いた『ローライ35』はシンガポール製でしたので、1971年以降にシンガポールにて製造・販売されたカメラのようです。

1967年~1974年に作られた西ドイツ国内で生産されたものの方がシンガポール製の『ローライ35』よりも人気が高いそうですョ!しかし今回のシンガポール製の『ローライ35』も、非常に人気の高い希少なカメラです!!!

2.jpg

実際査定させて頂くと、こちらのお品物は電池がない為、残念ながら通電確認は行うことが出来ませんでした。また汚れや傷もあり当店では、「 動作未確認のジャンク品扱い 」としての買取となりました。

現状だと買取を断るお店もあるそうです!しかし、かんてい局金沢バイパス店では、希少性・人気・状態から査定すると、結果は・・・

 8,000円

となりました\(^o^)/

お客様にも大変喜んで頂くことが出来ました (^^♪

40年以上前に製造されたカメラが8,000円ってすごいですよね!!!

 

もしかしたら、皆さんのお家にも使っていないフィルムカメラやデジタルカメラは眠っていませんか?

一度探してみるのも良いかも・・・

 

4.JPGのサムネイル画像カメラ6.jpgカメラ9.JPG

 


 

 

 

 

 

 

 


ローライ (Rollei GmbH)

 

せっかく希少なカメラをお売り頂いたので、ローライについて調べてみることにしました\(^o^)/

『 ローライ 』は( Rollei GmbH )は、ドイツが誇るドイツベルリンのカメラメーカーです。

創業者はパウル・フランケとラインホルト・ハイデッケの2人で、フランケ&ハイデッケ( Franke & Heidecke GmbH )としてブラウンシュヴァイクに創業。

二眼レフカメラの元祖となったローライフレックスシリーズが有名でもあります。

 

250px-Heinz-waaske-01-v3-fv04-i01-h1200.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

今回のお買取りさせて頂いた『ローライ35』の制作者は、ハインツ・バァースケ(写真参照)という人で、ドイツのカメラ設計者です。

元祖高級コンパクトカメラ『ローライ』はハインツ・バァースケ氏の代表作でもあります。初期の『ローライ35』はシャッターは伝説のメーカーであるコンパ―製、露出計がドイツの一流メーカーゴッセン製、レンズがCarl Zeiss製という豪華な部品を限界まで小型化し、ボディに組み込んだ精密なカメラです。

生産開始から最初の8,000台までには、ボディ背面下部に「Rollei-COMOUR-GOSSEN-ZEISS」の刻印がなされていたようです。

生産は1966-1971年の間はドイツで行われていましたが、その後シンガポールに移ります。今でもやはりドイツ製に人気があるようです。今回の『ローライ35』はシンガポール製で、シリアル番号は『6213840』でした。

余談にはなりますが、ローライ35はシリアル番号『3000201』から生産されたそうです。なので今回の買い取りの『ローライ35』は、3,213,639番目に製造されたシンガポール製のカメラという事がわかりました。

また【ローライ35】は今回買取したローライ35のオリジナル以外に『 S・T・SE・TE・B・C・クラッシック』と沢山の種類がありますよ。

 


ローライ 35 仕様 

 

レンズ Tessar 40mm F3.5
S-Xenar 40mm F3.5(一部)
シャッター B、1/2秒〜1/500秒
露出計 CdS受光素子・針式
電池 MR-9水銀電池
ボディ色 クローム、ブラック
製造国 ドイツ、シンガポール
製造年 1967〜1974年
1971年〜シンガポールで製造

 


カメラの歴史 カメラが誕生するまで

 

皆さんはご存じでしたか?当初の写真は絵だったってことを (;゚Д゚)

カメラの歴史は紀元前の『カメラ・オブスキュラ』と呼ばれた、壁に開いたひとつの穴から始まりました。

020camera20obscura20niemelc3a420-20valokuva5B15D_2.jpg

カメラはラテン語で『部屋』を意味し、オブキュラは『暗い』を意味します。【カメラ】がラテン語だったことにも驚きました (;゚Д゚)

四角い部屋の壁に小さな穴をひとつ開け、この穴から入った光が反対側の壁に届くとミラーのように外の景色が写ります。

こうして絵画に投影された外の景色を模写して絵にするというのが最初の写真だったそうです。

今では想像もつかない方法だったのですね!!!

 

時代が進むと部屋に穴を開けて模写するというやり方から、見立てた小さな箱を使った方法に進化しました。

穴の代わりに箱にはすりガラスのレンズが取り付けられ、箱の中に入ってきた光をレンズに映し、そこに映った景色を紙に映し取るというもので、これは現在の一眼レフカメラの原型ともいわれる仕組みだそうです。

 

photo.jpgのサムネイル画像

 

1826年には、フランスのニエプス兄弟(写真右)がカメラ・オブスキュラを改良し、道路舗装材の材料として使われるアスファルトを使用した撮影に成功しました。

レンズを通した光の熱で、板に塗ったアスファルトを硬化させ、投影した景色を写真として定着させるという手法でしたが、この方法にはなんと、8時間もかかったと言われています (;゚Д゚)

 

 

img_6af8ce7a6eadfe7216c2a682f9898fb7777831.jpgのサムネイル画像

 

その後1839年には、フランスのルイ・ダゲール(写真左)が銀メッキした銅板を感光材料として使う『ダゲレオタイプ』という技術を開発しました。

この技術により8時間以上かかってしまっていた露出時間は30分ほどに短縮されたそうです。

また、この技術によって自動で撮影することが可能にもなりました。

 

 

 

 


フィルムの誕生

william-henry-fox-talbot-medium.jpgのサムネイル画像

 

ダゲレオタイプが登場し多くの片が写真撮影できるようになりました。しかし、ダゲレオタイプは現在の写真とは違い、フィルムに相当する銀盤そのものが写真になるので焼き増しが出来ませんでした。

その後、1841年にイギリスのウイリアム・ヘンリー・タルボット(写真右)によって撮影フィルムであるネガが開発され、撮影時にネガを作って後で写真をつくるというネガポジ法が作られました。

この技術は現在の銀塩写真にも用いられています。この技術によって露光時間は2~3分と大幅に短縮されたそうですョ。

 

 


ロール形フィルム カメラの誕生

 

1888年になると、現代でもよく見かけられるロール型のフィルムが登場しました。アメリカのイーストマン社からコダックという名前のカメラが発売され、100枚撮りのフィルムとカメラがセットになったコダックは大流行しました。

210px-Film_strip.jpg

このカメラが現在の使い捨てカメラの原型といわれており、写真術を全く知らなくても、シャッターを押すだけ誰でも写真を撮ることができ、画像の焼き付けや現像等の作業は全て会社側が行うというものです。

コダックは日本のメーカーだと思っていたのですが、アメリカのイーストマン社だったんですね (^_^;)

さらに1925年にはドイツのエルンスト・ライツ社が画像サイズが24×36ミリのバーフォレーション付きのフィルムを使用した小型カメラ『ライカA型カメラ』を発売しました。これは現在でも絶大な人気をもつライカ(Leica)の先祖となるカメラです。現在でもライカは人気を保ち続けています。

 


二眼レフ カメラの誕生

ta084_01.jpg

ライカA型カメラが発売されて以降、ツァイス・イコン社が画像サイズ6×9㎝のロールフィルムを使用するスプリングカメラを製造しました。このカメラは、内蔵されたバネの力でカメラの上蓋が開き、蛇腹が展開されるカメラです。その後の1928年にはドイツのフランケ&ハイデッケ社が画面サイズ6×6㎝の二眼レフカメラを販売し、これがニ眼レフカメラの原点となりました。

 


デジタル一眼レフ カメラの誕生

 

1950年に世界で初となるペンタプリズム式一眼レフカメラコンタックSが発売されてからは、一眼レフカメラが主流となる時代になりました。

日本企業も続々とカメラ業界に参入し、日本光学(後のニコン)が発売した『F』が世界中で大流行したことで日本のカメラの人気が高まっていきました。

そして、一眼レフカメラがデジタルカメラとして生まれ変わったのは、1980年代になってからだそうです。

デジタルカメラが普及したことで、撮影した画像をその場で確認できたり、電子メールで送信したり、自宅のプリンタで印刷が出来るようになったりと、カメラの存在が一気に身近なものになり、便利で欠かせないアイテムになりました。


まとめ

いかがでしたか?まだまだ奥の深そ~うなカメラのお話した!

カメラといっても沢山の種類があり、歴史があり、開発者の努力の賜物なんですね !(^^)! 

一度お家を探してみてください (^_-)-☆ もしかしたら、お宝カメラがあるかもしれませんよ~

 

かんてい局金沢バイパス店では、使わなくなった カメラ・ゲーム・楽器・電化製品・携帯電話 等々、お酒・時計・バッグ・宝石・工具・骨董品・・・何でも買取りしています\(^o^)/

査定だけでも大・歓・迎!!!

皆様のご来店心よりお待ちしております\(^o^)/

 

 

 

↓↓詳細はこちら↓↓

楽天市場

 

ヤフオク!

 

ROLEX_Banner.jpg

 

 

LV_バナー.jpg

 

 

JISSEKI.jpg

 

質屋かんてい局金沢バイパス店について

【住所】 石川県 白山市 乾町117-1

【営業時間】 OPEN 10:00 ~ CLOSE 19:00

【定休日】 なし

telのバナー.jpg

【SALE】 毎月7の付く日(7日、17日、27日)金券や喜平などの一部商品を除く、店内商品5%OFF

※現金払いのお客様のみのSALEとなっております。

※質預かりも大歓迎です!

 

 

月別一覧