質屋かんてい局、成功のポイントや店舗紹介等、気になる情報を定期更新中!

かんてい局通信

質屋と買取専門店どちらが儲かる?始めやすいのはどちらなのか解説します!

こんにちは、FTC株式会社の古田です。

私たちが展開している『質屋』と『買取専門店』どちらが儲かるのか、気になりませんか?

というか新しく事業を始めるにあたって、独立を考えるにあたって重要なポイントになるのではないでしょうか?

この記事では

・どちらの業態がどれくらい儲けられるのか

・始めやすい業種はどちらなのか

について書いていきます。

新事業や独立を考えられている方はぜひ参考にしてください。

この記事はYoutubeにて動画化しておりますので、動画で見たい方は下のバナーから移動してください。

↓↓↓FTC株式会社について動画でチェック!↓↓↓

質屋を営業するメリットとデメリットはコチラの動画で解説しています!

↓↓↓質屋事業についてより詳しく聞きたい!という方は下のバナーからお問合せ下さい!↓↓↓

質屋と買取専門店どちらが儲かるのか

まず結論から言います。

儲かるのは質屋です。

まずはコチラをご覧ください。

この3つのグラフは弊社直営店「質屋かんてい局茜部店」と「買取専門かんてい局大垣店」の1~5月の

「売上」「買取」「原価粗利」の3つを比較したグラフです。

表にも書いてありますが、青い線が大垣店、オレンジ色の線が茜部店の数値になります。

これらを見比べてみると、どちらも安定した数字を出していますが、オレンジ色の線が圧倒していますね。

どちらも弊社の直営店であり、もちろんノウハウも全く同じです。

にもかかわらず、どうしてこの差が生まれるのか気になりませんか?

その秘密を今から解説していきます。

質屋と買取専門店では何が違うのか

ではなぜこんな差が生まれるのか、質屋と買取専門店では何が違うのかを説明していきます。

質屋の方が得られる利益が多い

まずこれが1番の理由です。

業態の差がまず1番に表れています。

どういうことかというと、

質屋の利益構成は「お店やネットで売った商品の利益」「業者販売で出た利益」「質預かりの利息収入」の3つで構成されています。

対して買取専門店は質預かりの機能がないので、「お店やネットで売った商品の利益」「業者販売で出た利益」の2つで構成されています。

後出しの情報になりますが、茜部店の場合、1ヶ月の利息収入が400~500万ほどありますので、

大きな差がついてしまいますね。

高額商品の持ち込み量が違う

これが2つ目の理由です。

2つの業態のイメージを考えてみると、

買取専門店・・・商品を買い取ってもらうところ

質屋・・・お金を借りるところ

という差があります。

このイメージをもとにどちらがより高額品が持ち込まれやすいか、という話です。

軍配が上がるのは質屋です。

質屋で多くお金を借りるにはそれ相応の金銭価値のあるものを預けなければなりません。

もちろん大金を必要とする人ばかりではありませんが、そういう人が多いのも確かです。

そのため質屋の方が高額品を持ち込まれる確率が高いといえます。

私自身が質屋かんてい局、買取専門かんてい局両方に所属していたこともあるので、

実体験していることですが、ロレックスを例に考えると

1ヶ月間でロレックスを見る回数は圧倒的に質屋にいた時の方が多かったです。

買取専門店の場合は、処分ニーズが多く、低単価な商品が多く持ち込まれます。

そのため買取点数でいえば質屋も買取専門店もそこまで差はありません。

しかし低単価であるために利益が伸ばしにくくなってしまうのです。

高額品は買取単価も上がりますが、その分利益単価も大きいため、利益を伸ばしやすくなります。

始めやすいのはどっち?

では始めやすいのはどちらなのか。

直営店と営業部どちらにも所属している私の意見をお話しします。

まず初期費用の面です。

買取専門店の場合は運転資金を除いて約1300万円、

質屋の場合は運転資金を除いて約1億円、規模によっては約2億が必要になります。

どちらも大金であることに変わりませんが、敷居が低そうなのは買取専門店ですね。

続いて商品知識。

これに関しては、個人的な意見になるのでもしかしたら賛否あるかもしれません。

どちらも深い商品知識があるに越したことはありません。

しかし、どちらがより深い知識を求められるかというと、質屋です。

その理由は先ほども言いましたが、高額品がもちちこまれる頻度が高いからですね。

質屋にはお金を借りに来る人、商品を売りに来る人どちらもありますが、来られるお客様は

ある程度以上に成功されている方が多いです。

その分人をよく見られており、対応するスタッフが本当にその商品を知っているのか、

理屈が通っている説明をしているのかを見られます。

そのためより勉強し、それを自分の言葉で説明できるまでにならなければいけないのが質屋です。

買取専門店の場合は深い知識というよりも、持ち込まれる商品のジャンルが多いため、

広い知識を要求されることが多いかもしれません。

どちらも勉強をしないといけませんが、知識を広げる方が好きなので、買取の方がいいかなと思っています。

これは人によりけりですね。

これからリユース事業に手を出そうという法人様や、脱サラ・独立を考えている方には買取専門店をお勧めします。

質屋をやりたい!と思っていただけている方もいらっしゃるかもしれませんが、

まず質屋からシステムを減らした買取専門店で接客などに慣れていただければと思います。

ほかの事業でリユース事業をされていて、費用を用意できる方であれば質屋をお勧めします。

やはり儲かるのは質屋です。

現に弊社とは関係ないリユース事業をされていて加盟いただいた法人様で、

質屋から始めて多くの営業利益を出している加盟店様もいらっしゃいます。

最後に

買取専門店から始められた場合でも、スーパーの中などでなければ後から質の仕組みを付け加えることもできますので、

まずは買取専門店から、ゆくゆくは質屋を、ということも弊社では可能です!

様々なサポートを取り揃えておりますので、新しい事業や独立を考えていらっしゃる方は

ぜひ弊社の事業説明会にご参加ください!

無料相談・全国事業説明会開催中!

無料相談受付中

0120-1222-92

電話受付時間 
平日10時〜12時00分、13時30分〜17時